当院の新型コロナワクチンの予約の現状について

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ]
  • 当院の新型コロナワクチンの予約の現状について

当院の新型コロナワクチンの予約の現状についてQ&A方式でお知らせいたします。ワクチンを早く接種をしたい皆様には大変ご迷惑をおかけしております。申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。


Q:どうして電話が繋がりにくいのか?

A:当院の1本の電話回線に多くの患者様から同時にお電話を頂いているため、大変繋がりにくくなっております。いちクリニックとして電話回線を増やすことができず、また予約対応も既存の事務スタッフが一人で通常業務返上で対応しております。皆様にがご迷惑をおかけしておりますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。


Q:インターネット予約はできないの?

A:コロナワクチンは1瓶から6人分が取れますが、一回開封すると6時間以内に使い切る必要があり、翌日使用することができません。インターネット予約だと接種日がバラけてしまい、その結果6人に満たない日がでてくると、ワクチンが余ってしまい破棄しなければなりません。
まだまだ供給数が安定していない貴重なワクチンですので、ムダのないよう電話予約、窓口予約で調整しながら予約を行っております。

Q:小田原市のコールセンター予約は使えないのか?

A:小田原市のコールセンターでは当院かかりつけかどうかの判断ができず、かかりつけの方優先にできないため、当院に直接お電話いただきお一人ずつ確認しながら対応しております。


Q:医師が3人もいるのに、どうしてたくさんの人数の接種ができないのか?

A:当院でも早く、多くの方にワクチン接種を勧めていきたいという気持ちがありますが、以下の3つの理由から一度に多くの人数の接種が難しい状況です。

①コロナワクチンは新しいワクチンのため、アナフィラキシー反応などの副反応が出現しないかどうか接種後15分間、院内のスタッフの目の届く範囲で待機するという決まりがあります。待合室には通常の外来通院される方もいらっしゃるため、2mのソーシャルディスタンスを保ちながら待機するスペースが限られており、大人数の待機場所を確保することが困難であります。現在、接種時刻を細かく分割することで、多くの方が接種できるよう工夫を重ねております。

②当院では通常の診療と同時並行でワクチン接種を行っております。特に現在は小田原市の特定健診・がん検診が始まり、当院では毎年多数の患者様にご利用いただいております。特定健診・がん検診は検査の数が多いためスタッフの労力も大きく、ワクチン業務(解凍、希釈、充填、副反応の確認、事務処理など)を極端に拡大することが難しい時期になっています。


Q:どうして2週間ごとの予約しか取れないのか?もっと先の予約は取れないのか?

A:ファイザーのワクチンの保管期間は、通常の冷凍庫で2週間、そのご冷蔵庫で1ヶ月です。小田原市の一般のクリニックでは、2週間毎に小田原市にワクチンを注文し、その二日後に小田原市から実際に納入可能なワクチン数が各クリニックにお知らせされ、その数に応じて予約を取るよう通達が来ております。当院はその方法に則っております。もしワクチン到着の確証が得られていない2週間以上先の予約をお取りして、万が一ワクチンが来なかったときの対応が困難であると考え、当院では上記の原則に則って予約をとっております。

Q:これから64歳以下の接種も順次始まると聞いているが、65歳以上でまだ予約が取れていないのに、さらに予約が取りにくくなってしまわないか?

A:当院ではまずかかりつけの65歳以上の方を優先に接種していくという方針にしております。65歳以上の方の接種終了の目処がたってから64歳以下の方の予約の受付を開始しようと考えております。今後詳細はHPに掲載していきます。


当院ではワクチンの供給がある限り、かかりつけの患者様を中心に地域の皆様に新型コロナワクチンの接種を継続してまいります。日々の感染対策を継続していただきながら、長い目でお待ちいただけますと幸いです。

お問い合わせ・診療予約

TEL0465-41-2227

予約専用0465-41-2205
対応時間:6:00〜23:59

診療時間 9:00~12:00 15:00~18:00
休診日 土曜日午後・木曜日・日曜祝日